民泊とは? - ● 宿泊業に関する四方山話

草津温泉 花栞(はなしおり)

花栞(はなしおり)は草津温泉にある、カフェ(喫茶店、飲食店)と、民泊施設(宿泊施設)です。観光地の湯畑、バスターミナル徒歩すぐ。コンビニ、コインランドリー、無料温泉まで徒歩1分のアクセス抜群。ドリンク、食事(パスタ、ドリア)、スイーツ(パフェ、ケーキ、あんみつ)をランチタイム、ティータイムに、安くて、ボリュームたっぷり!宿泊は素泊り1名3500円~4000円。風呂・シャワーなし、禁煙、Wi-Fi(無料)、トイレ、洗面所、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、ドライヤー、ポット、駐車場(無料)。◯定休日:不定休◯営業時間:10:00~18:00(17:30ラストオーダー)◯電話:0279-88-9105

民泊とは?




草津温泉カフェ・民泊花栞(はなしおり)ロゴマーク 

「民泊」という言葉を最近よく耳にすることが多くなりました。

ではその「民泊」とはなんぞや?
ということなのですが
これはほとんどの方が思っていることと大きな相違はないと思います。

要は
一般の住宅やその住宅の中の部屋を
有料で宿泊客に貸し出すということですね。

なので
使ってない部屋があるという方は
ちょっとした副業といいますか
ビジネスチャンスにもなると思います。

花栞(はなしおり)も
自宅の一室を有料で貸し出しているので
「民泊」と名乗っています。

ただ「民泊」というと
ちょっと怪しいといいますか
なんとなくグレーな印象があるのも事実ですよね。

花栞(はなしおり)も民泊を謳っていますが
ちゃんと旅館業法に定められている
営業許可を取得しているので
旅館業法上は「簡易宿所」という分類になります。

ちゃんと許可は取っていますが
専用の宿泊施設ではないので
「民泊」と名乗っています。

営業許可は保健所に申請するのですが
民泊をちゃんと正式に始めるには
消防署の「消防用設備等検査済証」も必要になるので
もちろんそちらもちゃんと取得しています。

そういった話も
おいおいしていきたいと思っております。


花栞(はなしおり)
377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津454-43
0279-88-9105
営業時間 10:00~18:00(17:30ラストオーダー)
定休日 不定休(水曜日あたり)



関連記事
民泊民泊とは草津温泉花栞はなしおり宿泊宿泊施設民泊施設許可

Comments 0

Leave a reply