【民泊を始めよう!】様々な許可申請先は「消防署」と「保健所」 - 様々な許可申請先は「消防署」と「保健所」

草津温泉 花栞(はなしおり)

花栞(はなしおり)は草津温泉にある、カフェ(喫茶店、飲食店)と、民泊施設(宿泊施設)です。観光地の湯畑、バスターミナル徒歩すぐ。コンビニ、コインランドリー、無料温泉まで徒歩1分のアクセス抜群。ドリンク、食事(パスタ、ドリア)、スイーツ(パフェ、ケーキ、あんみつ)をランチタイム、ティータイムに、安くて、ボリュームたっぷり!宿泊は素泊り1名3500円~4000円。風呂・シャワーなし、禁煙、Wi-Fi(無料)、トイレ、洗面所、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、ドライヤー、ポット、駐車場(無料)。◯定休日:不定休◯営業時間:10:00~18:00(17:30ラストオーダー)◯電話:0279-88-9105

【民泊を始めよう!】様々な許可申請先は「消防署」と「保健所」




草津温泉カフェ・民泊花栞(はなしおり)ロゴマーク 

「民泊」を始めたいと思ってもすぐに出来るわけではなく
もちろんちゃんとした然るべき許可が必要となります。

では、その然るべき許可をもらうには
「一体どこへ行けばいいのか?」
ということですよね。

これは主に2つの場所です。
◯消防署
◯保健所

この2箇所で許可を頂いて
それで初めて民泊営業を開始することが出来ます。

「許可」と言っても実は1つや2つではなく
いくつかあるので
それもこの先1つ1つ説明できたらと思います。

全て自分の経験談なので
参考になることもあるかと思いますが
住んでいる場所によっては
微妙に違いがある場合もありそうなので
詳しくは直接お近くの保健所と消防署に
問合せをしていただいたほうが確実です

順番としては
1.消防署で許可を取り
2.仕上げに保健所で許可を取る
という感じでしょうか。

消防署と保健所での許可取得について
なるべく詳しく覚えてる限りで述べていくつもりですが
とにかくまず最初にやることは

「消防署と保健所に直接出掛けて話を聞く」

ということですね。

かなり優しく教えてくれると思いますし
恐らく別にこのブログを読む必要もなくなります(笑)

どんな書類を提出しなければならないのか
その書類もいただけるので。

消防署と保健所へ行く場合
事前に
「民泊を始めたい」
ということを伝えてアポを取りましょう。

私は直接行ってしまいましたが^^;

なるべく具体的な計画と
部屋の簡単な見取り図などあれば
なおベターだと思います。

とにかく様々なことを始める前に
消防署と保健所に行きましょう!

リフォーム的なことを先にやってしまって
そのせいで許可が取れないということも
なきにしもあらずなので
とにかく先ずは消防署と保健所に直接行って
何をどうしたらいいのかということを
ちゃんと聞いてから始めることをオススメいたします。

では次回から
具体的にどんな許可を取らねばならないかを
1つ1つ述べていきたいと思います。


花栞(はなしおり)
377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津454-43
0279-88-9105
営業時間 10:00~18:00(17:30ラストオーダー)
定休日 不定休(水曜日あたり)



民泊許可保健所消防署申請草津温泉花栞はなしおり

Comments 0

Leave a reply