ヴァイキング ~海の覇者たち~ シーズン4 - ● Amazonプライム

草津温泉 花栞(はなしおり)

花栞(はなしおり)は草津温泉にある、カフェ(喫茶店、飲食店)と、民泊施設(宿泊施設)です。観光地の湯畑、バスターミナル徒歩すぐ。コンビニ、コインランドリー、無料温泉まで徒歩1分のアクセス抜群。ドリンク、食事(パスタ、ドリア)、スイーツ(パフェ、ケーキ、あんみつ)をランチタイム、ティータイムに、安くて、ボリュームたっぷり!宿泊は素泊り1名3500円~4000円。風呂・シャワーなし、禁煙、Wi-Fi(無料)、トイレ、洗面所、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、ドライヤー、ポット、駐車場(無料)。◯定休日:不定休◯営業時間:10:00~18:00(17:30ラストオーダー)◯電話:0279-88-9105

ヴァイキング ~海の覇者たち~ シーズン4




ただ単に花栞オーナーが
Amazonプライムビデオで観た動画を紹介するだけのコーナー!








大ヒット連続ドラマ「ヴァイキング ~海の覇者たち~」のシーズン4が、さらに面白くなって帰ってくる。前シーズンで熾烈を極めたパリの戦い。負け戦を粘り抜き、土壇場で逆転勝利をつかんだラグナル(フィメル)だったが、危篤状態に陥りカテガットへと帰還する。彼に死の可能性が浮上したことで、王の座を狙う者たちがにわかに勢いづく。ラグナルの妻、アスラウグ王妃もその1人だった…。  

主演: トラヴィス・フィメル, キャサリン・ウィニック, ガブリエル・バーン



1. 善意と打算
ヴァルハラの門をくぐらずに済んだものの、ラグナルはカテガットで病床にふせったままだった。そんな彼の預かり知らぬところで、様々な出来事が展開していく。ビヨルンの命により、アセルスタンを殺した罪でフロキが拘束され、パリではロロが、宮殿における自らの立場を強固にすべく、残ったヴァイキングの仲間たちを裏切る。一方ヘゼビューでは、カルフがラゲルサと共に領地を治めていくと宣言。果たしてそれはカルフの本心なのか、そしてラゲルサは、かつて手にした権力を分かち合うことに納得するのだろうか。

2. 捕らわれの身
カテガットでラグナルとフロキの対立が続いていく一方、パリでは、ロロが新妻であるギスラ皇女の気持ちをつかもうと必死にあがく。大自然の中、ビヨルンの生き残る力が試されていた頃、エグバート国王は息子のエセルウルフにある任務を課す。それはマーシア王国へ行き、反対勢力からクウェンスリス女王を救出するというものだった。  

3. 憐れみ
ラグナルはフロキに対し、裏切りの代償は高くついたと告げる。だがフロキを拘束したままでいると、ラグナルのもとにある謎めいた訪問者が現れ、憐れみの心を持つよう諭す。フランク王国の宮殿では、陰謀の歯車が回り始めていた。ロロがオド伯と手を組むという思いも寄らぬ行動に活路を見出したのだ。しかしそこまでしても、ロロは新妻から蔑まれてしまう。ビヨルンは大自然の中で獰猛な敵との戦いを余儀なくされる。エルレンドゥールとカルフが送り込んできた脅威から、無事に生き延びることができるのか。  

4. 冬至の祭り
カテガットの大広間では、冬至を祝うための大まきが焼かれる。仲間に加わることができず、寒さに震えるフロキを置き去りにして、よそ者たちが中へと迎え入れられていく。その顔ぶれにはノルウェー人の王と、どこかで見たことのある、新しい連れを伴ったビヨルンも含まれていた。エラ国王はクリスマスを祝うためウェセックスを訪れるが、眉をひそめるような家族関係を目にする。パリではロロの未来が揺れ動いていた。離婚手続きのため、ローマ教皇特使がやってくるのだ。ロロは新妻を引きとめることができるか。

5. 契り
裏切りの風がパリとウェセックスの宮殿に吹き荒ぶ。パリではオドが信頼する者たちによって陰謀を企てられ、ウェセックスではエグバートがマーシア王国のクウェンスリスを支えるべく、力を貸すことに同意する。しかし、エグバートは真の同盟者となるのだろうか?ラグナルはイードゥを信用し、どこまでも深く暗い秘密を打ち明ける。子供ができたことで幸せに浸るラゲルサとカルフ。2人は婚礼を取り決めるが、その当日、式は予期せぬ展開を見せる。

6. 選ばなかった道の先
カテガットで儀式が行われる中、ラグナルはもう1度パリを襲撃すると告げる。出航した船団は嵐に見舞われるが、ヴァイキングたちにとって何よりも過酷な試練はその行く手にあった。ロロが待ち構えているパリだ。その頃、エグバートもある旅の構想を練る。それはエセルウルフとアルフレッドをローマへ巡礼の旅に送り出すというものだった。

7. 利害
イングランドではエグバート王の野望があらわとなる。マーシアの王位を得る計画だったのだ。同じ頃、パリ郊外ではヴァイキングたちが猛攻撃を仕掛けていた。果たして彼らはロロの防御を打ち破ることができるのか?一方、カテガットでは謎めいたさすらい人ハーバードが再び姿を現し、女性たちを刺激する。 

8. 奇策
敗北を喫したヴァイキングたちは野営地を引き上げ下流へ戻ることとなり、自分たちを率いるラグナルの手腕に疑問を抱くようになる。当の本人は何を考えているか分からないままだったが、不意に断崖へ船を上げるよう指令を下す。それはまさに独創的な計画だった。ロロとギスラはある知らせを伝える。ロロがフランク王国の宮殿における自らの立場を強める一方で、オド伯は真の敵を見極めることに失敗し、命を落としてしまう。  

9. 死にまみれて
ヴァイキングたちの苦労が実を結び、パリが目の前に見えてくる。一行は再び船を川へ戻すが、今回の船はフロキがつくった変わった構造のものだった。ようやくローマにたどり着いたエセルウルフとアルフレッド。2人が教皇レオから栄えある祝福を授かる一方で、ウェセックスではエグバート王と不満げなエラ王との関係は喜ばしいものではなくなっていた。

10. 最後の船
ヴァイキングの戦士たちとフランク王国の兵士たちによる激しい戦いの中、ラグナルはロロと死闘を繰り広げることとなる。その結末は、2人の兄弟の運命を大きく左右するものだった。

11. 孤立
カテガットに帰ってきたラグナルは過去の過ちを正すため、再びウェセックスへと渡るべく策を考え出す。

12. 予知夢
カテガットの人々はウェセックス遠征の仲間を集められずにいるラグナルに対し、もう神々に見捨てられたのだと吐き捨てる。ビヨルンは地中海遠征の夢を実現させるべく動き出す。

13. 2つの遠征
ラグナルとアイヴァーは連れてきた遠征仲間たちの処遇を巡り、難しい決断を迫られる。ビヨルンは驚きの人物との再会を果たす。

14. 夜明け前
ラゲルサは長年抱いてきた自らの野望を成就させようとする。ラグナルはエグバート王との交渉で思いもよらぬ譲歩を引き出す。

15. 御使いたち
ラグナルとアイヴァーはサクソン人たちに対して陰謀をたくらみ、常識を超えたある合意に達する。

16. 交錯
ビヨルンの船団は目的地へ向けて前進し、奇襲をかける。その頃カテガットでは、ラゲルサが権力を追い求めてひたすら突き進んでいた。

17. 最大最強の軍
ヴァイキングの大軍がカテガットに集結し出す。息子のビヨルンが不在の状況で、ラゲルサは気を緩められずにいた。

18. 復讐
ラグナルの遺志が実現され、ヴァイキングの大軍はノーサンブリアの海岸に上陸する。

19. 前夜
ヴァイキングの大軍がイングランドの田園地帯にパニックを引き起こす中、エグバート王とエセルウルフは王国の防衛に動く。 

20. 清算
エセルウルフ王子はヴァイキング軍の作戦通りに踊らされていることに気づく。エグバートは自身のある意図のもとに王国に留まる。





花栞(はなしおり)
377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津454-43
0279-88-9105
営業時間 10:00~18:00(17:30ラストオーダー)
定休日 不定休(水曜日あたり)
ホームページ http://hanashiori2017.jp/
フェイスブックページ https://www.facebook.com/hanashiori2017/



関連記事
ヴァイキングバイキング海の覇者たちAmazonプライムアマゾンプライムAmazonアマゾンプライムPrimeシーズン4

Comments 0

Leave a reply